2006年02月28日

読書の流動性について

昔読んだ本を読み返していると、まったく違った読み方あるいは、意味のとり方をしていることに気が付くことがある。書かれている物語は変化せず、そこに半永久的に在るはずものなのに、読み手はこんなに不確かで危うい存在なのだと知る。そしておそらく筆者も、少なからずとも、なぜあの時あのようなものを書いたのか、と思いに沈むこともあるのだろう。では、書物はいったいどこに所属するものなんだろうか、時代でもなく、読者にでもなく、きっと筆者ですらない。だれかがゆっていたな、本は筆者が書いて印刷された瞬間からもはやその人の所有物ではないのだと。時代でないのは確かなことだ。たとえ、その物語はそのご時勢を大いに反映して書かれたものであっても、そこからどのように意味を汲み取るかなんて、まったく自由だし、あいまいなのだ。ぐるぐるぐるぐる、時代によって、読み手によって、天気によって、その日の運勢によって(例えばそれがあるのだとすれば)、変化して古くなり、新しくなっていく。すくなくとも私にとってはそういうものだ。

だから本というのは所有したくなるし、買いたくなる。ずっと手元においておきたくなる。だからあえて、というか、十分に本に使いたいだけお金が使えないときは、新刊は買わずに読んでみる。気に入ったら買う。自分にとって大事なものだけを、響いてきたものだけを取っておきたいと思うようにある。小説だけではないなあ。料理本だって、いやっていうくらい中身を吟味してから買う。わくわくして新しいものが出たから飛び込むという勇気はあんまり出ない。そういう本との出逢い方もさぞかし素敵だろうと思うけれど、今はまだ出来ない気がする。しかし、自分にとって大事なものだけ、というのもなんだか傲慢な言い方かもしれないな。私は当然プロフェッショナルな本の解釈の仕方や読み方というものも身につけてはいないし、今後もそのようなプランはないから。でも、必ずしもそんなんじゃなくても、私みたいにすごく受身で、「この感じ好きだー」とか、「うーんいまいちよく分からなかったなあ」っていうシロウトな読者も無視されないことを願いたいものだ。

だから、何かしらの理由で本を捨てなくてはならなくなると、それはそれは切ない思いがする。特に今後悔してもしきれないのが、ずっと大好きで読み続けた絵本たち。はじめの引越しの際、捨てなくてはいけなかった。もちろん捨てなくてはいけない理由など微塵も存在しなかったのだが、やっぱりもう読まないし(とそのときは本当に愚か者だがそう思った)、何かと場所をとって部屋も狭くなるし、などというしょうもない理由だったと思う。とにかく、まったく気に留めなかったということだ。しかし、今になって、それが自分が実際に自分の子どもを持てるというまったく驚くべき年齢になったからという理由からだけでなく、今でも自分のなかに残っているもの、輝いていたストーリーやキャラクターが生き続けているということにようやく気がついて、そう思うのだ。しかし後悔は先にたたない。未来に向かって、自分のために、大切にしていた絵本たちをまたちょっとずつ集めていこうと思う。そして、それが将来自分ではない、誰かのために、自分の大切な誰かのために役立つ日がきたら、どんなに素敵なことだろうと思う。
posted by sleepyhead at 23:02| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | thoughts | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お弁当日記2・28

0228 002.jpg

ひじき入り玉子焼き
もやしのカレー炒め
プチトマト
ブロッコリー
お味噌汁
ごはん
posted by sleepyhead at 13:48| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | lunch box | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

熱再来と今日の大発見

なんと、不覚にもまた発熱。
原因不明、病み上がりの何とやら?

熱、ヘルペス、熱といやなサイクル。そこに花粉も襲いかかる。
外は春がそこまでやってきていて、暖かくなっているというのに。

我が家の犬は散歩を嫌がり、食欲だけは増進している。

どうでもいいけれど、素敵な発見。
私の大好きだった「恋とマシンガン」はFlipper's Guitarだったのか!
ほんと殴られそうに遅い発見でした。声で気がつきそうなものなのに、それもかすりもしなかった。天然ボケはいろんなところに出る。決して、春眠などどいった一時的なものではない。
音楽に疎かった幼い頃、今になってした大発見。
最近mixiなどで再会した人々の中で、彼らのファンが多いので、なるほどーと私も聞いてみたい衝動に駆られて、再び聞き直していて、まだ小沢健二くらいだけれど、何だろ、心からなんだかハッピー!!になれる。こんなの久しぶり。
普段はしっとりした曲が好きなのだけれど、ああなんてハッピーなのかしら!と不思議なほどなのだ。
あの頃は気が付かなかったのだが、すごい!すごい!すごい!
妹にも話したら、「うん、私も数年前聞きなおしてそう思ってた」だそうだ。
時代の流れに確実に疎くなっている!
最近の流行の曲なんかに疎くったって一向に構わないが、
今までのすごかった、よかった音楽やいろいろなモノに疎いのは勉強不足を実感してしまう。

うん、でも怒られそうでも、あきられそうでも、いいのだ。
自分の大発見に満足だから。

P.S.
どなたかFlipper's Guitarの『カラー・ミー・ポップ』か、『カメラ・トーク』をお持ちの方がいらっしゃいましたら、お貸しくださいませ。
posted by sleepyhead at 16:29| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お弁当日記2・27

0228 001.jpg

モヤシ入り入り卵
ひじきの煮物
ししゃものバター焼き
トマト
アスパラガス
ごはん
posted by sleepyhead at 13:46| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | lunch box | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

プチブール再来

気になっている謎の喫茶店「プチブール」。大雨なのに、混んでいたのでまた、とても気になる。そして、タクシーの車が二台も止まっていた。これは、美味しいサインだと母が言う。特定の地域を一日中ドライブしているタクシードライバーなのだから、多分そうだろう。いずれにしろ、もう一度入って、今度は食事をしてみたかったので、決行。

手作りソーセージが使われているというホットドッグ、具もレタスかキャベツが選べる。キャベツを選んだ。いつも我が家のホットドッグは母がキャベツを刻んで、ちょっといためたものを挟むからだ。それからミックスサンドイッチも頼んで二人で半分こすることに。それから興味でもう一品、小倉ホットサンドも頼んだ。ここは名古屋だ、小倉ネオマーガリン発祥の地だ。試さずにどうする。

オーダーを受けてから、奥のキッチンでママさんが手際よくキャベツを刻み、炒めはじめると、香ばしい香りが漂ってくる。ミックスサンド用の卵はオムレツ、これも作り置きなどではなく、ちゃんと手作り、新鮮でこういうの好き。どこまでも家庭の味なのだ。他の具はレタスとハム、キュウリ、パンにはマスタードマヨネーズ。厚切りのパンでボリュームのある一皿。

手作りソーセージは太くて、味が濃くて、すっごく美味しかった。キャベツもいい感じの歯ごたえだ。

それから小倉トーストはホットサンドメーカーでプレスされて、三角形に切られている。たっぷりの甘さ控え目の餡がたっぷり入っていて、食べようと一口かぶりつくたびに溢れて出てきてしまうほど。おじいちゃんにも同様のものをデリバリーしていたが、とても喜んでいた。

今度は、カレーに挑戦しようと、母と固く心に誓ったのだった。
posted by sleepyhead at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | cafe&restaurants | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

0225.jpg

今朝庭で見つけた一つの春。
きょうはほんといいおてんきだ。
posted by sleepyhead at 12:33| 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

honesty

素直じゃない自分に気が付くのはたやすいけれど

そこから素直な自分に向き合って

素直に進んで行こうとするのはそんなに楽じゃない。

相手を傷つけると恐れる、その傲慢な心よ。

一番怖いのは自分じゃないのか。

一番、素直になって一番がっかりするのは自分じゃないのか。

そのことが分かっているからなかなか素直になれないでいる。

でも、それは自分でも忍耐の必要なことだし、

最終的には最悪の形で周りの人を傷つける。



春の空に飛べ、

春の空に叫べ、

弱虫で、素直になれない自分を

「大好きだ」と叫べ。

傷つくのを恐れるな。

傷つけることを恐れ、

自分の痛みを人に押し付けようとはするな。

受け容れる力。



必要なのはそれだけ。

欲しいのはそれだけ。

posted by sleepyhead at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | poem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。