2006年02月26日

プチブール再来

気になっている謎の喫茶店「プチブール」。大雨なのに、混んでいたのでまた、とても気になる。そして、タクシーの車が二台も止まっていた。これは、美味しいサインだと母が言う。特定の地域を一日中ドライブしているタクシードライバーなのだから、多分そうだろう。いずれにしろ、もう一度入って、今度は食事をしてみたかったので、決行。

手作りソーセージが使われているというホットドッグ、具もレタスかキャベツが選べる。キャベツを選んだ。いつも我が家のホットドッグは母がキャベツを刻んで、ちょっといためたものを挟むからだ。それからミックスサンドイッチも頼んで二人で半分こすることに。それから興味でもう一品、小倉ホットサンドも頼んだ。ここは名古屋だ、小倉ネオマーガリン発祥の地だ。試さずにどうする。

オーダーを受けてから、奥のキッチンでママさんが手際よくキャベツを刻み、炒めはじめると、香ばしい香りが漂ってくる。ミックスサンド用の卵はオムレツ、これも作り置きなどではなく、ちゃんと手作り、新鮮でこういうの好き。どこまでも家庭の味なのだ。他の具はレタスとハム、キュウリ、パンにはマスタードマヨネーズ。厚切りのパンでボリュームのある一皿。

手作りソーセージは太くて、味が濃くて、すっごく美味しかった。キャベツもいい感じの歯ごたえだ。

それから小倉トーストはホットサンドメーカーでプレスされて、三角形に切られている。たっぷりの甘さ控え目の餡がたっぷり入っていて、食べようと一口かぶりつくたびに溢れて出てきてしまうほど。おじいちゃんにも同様のものをデリバリーしていたが、とても喜んでいた。

今度は、カレーに挑戦しようと、母と固く心に誓ったのだった。
posted by sleepyhead at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | cafe&restaurants | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。