2006年03月24日

まずいラーメンと美味しいスイーツ

060323_1258~00.jpg

私って多少おいしくないものでも、我慢して食べられるほうだと思うんですが、昨日食べたラーメンは久々のおおはずれでした。一刻堂です。
そのお店のほかのラーメンはぜんぜん美味しかったのですが(母の頼んだ醤油などねぎ入りラーメンもおいしそうだった)、私の頼んだ激辛のつけ麺は正直いただけないものでした。私は熱くて辛いものが大好物で、しかもなんだかんだいって、つけ麺は試したことなかったので、それを選んだんですが、出てきたものは、ラー油漬けの真っ赤なスープ。まるで、地獄変に出てきそうな煮え立ったマグマの色。そこにゴマをすりつぶして入れて食べるんだけれど、それでも、とにかく辛くて油っこいだけでなーんの味もしないんです。甘みがない〜。普段は何にも言わない私も、さすがに店員さんに「調味料忘れてませんか?」って聞きたくなってしまうほどでした。それで、仕方ないので、麺を食べ終わった母のボウルに入れて、悔しいので、その激辛スープをちょっと足して、ぬるーいラーメンを食べたんです。そしたら、なんとかいけた。でも、ねえ?私熱いラーメンが好きで、替え玉とかも、その点から賛同できないのに、まったく奇妙な経験。母がごはんとして取った高菜そぼろごはんもすっごく美味しかったのに・・・。

あとから、アンケートでも書いてこればよかったと後悔しました。私以外の人が、同じ思いをしないようにと。でも、忘れちゃったので、せめてこれを読んでくださった人へ、一刻堂の激辛つけ麺だけは要注意です。そのほかのラーメンは美味しいですよ〜、他のものを頼んでくださいませ。


060323_1307~00.jpg

そんなわけで、口直しだ〜ということで、イキオイで、最近名古屋にも進出した麻布茶房に行きました。
最近和がめっきりブームな私にとって、もう甘味処にいくのはとっても嬉しいのです。
食後だったので、デザートだけにしましたが、スイートポテトと珈琲のセットをいただきました。
スイートポテトにはソフトクリームがのっていて、その上に好きなソースをトッピングできるんです。
カスタード、ごま、小豆、抹茶金時、などなどありましたが、
抹茶金時をチョイス。
スイートポテトは甘すぎず、温かくて、上の甘いソフトクリームが見る見る溶けて、抹茶金時ソースと絡まりあって、美味しかったです。
この温冷の組み合わせは胃にはあんまりよくないのかもしれませんが、口に入れたときの感覚がたまりません。
珈琲ともよくあって、和風スイーツよかったです。
さらに、麻布茶房で出される緑茶はとても美味しい!珈琲もお茶も飲んで、おなかがちゃぽちゃぽになったのでした。
posted by sleepyhead at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | sweets | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15382233

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。