2006年04月23日

マレーシアのデザート cendol

scendol.jpg

マレーシアレポート第一弾。

何にしようか迷ったのですが、思い切って一番気に入ったデザートをご紹介します。
これは、マレーシアのカキ氷cendol(チェンダー)といいます。

削った氷にココナツミルク、中には甘く炊いてはいない小豆と緑色の小枝のような、白玉のような、餅米で作られたお団子が入っていて、その上に黒糖がかかっています。
これはマラカ地方という、その昔ポルトガルによってキリスト教が伝えられた伝統的な土地でのものです。
クアラルンプールなどでも食べられますが、多少地域によって甘さや入っているものが違うそうです。

さてさて、そのお味ですが、ココナツミルクが好きな人は絶対絶対はまるはず!
私はその一味なので、みごとにはまってしまいました。
マラカのものは甘さ控えめで、そこも気に入った要素の一つです。
暑い中散歩をした後でお店に入って食べるチェンダーはまさに絶品。体が求めているのが分かります。

日本で言えば、白玉宇治金時ってところでしょうか。自分でも作れそうなので、そのうちトライしたいです。

いやあ、ほんと美味しかったんだから〜。
posted by sleepyhead at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16958234

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。