2006年05月14日

星のかけら

夜空を見上げて、彷徨いながら目を凝らして探しても
どこにも月が出ていなかった。

星すらもどこかに落ちてしまって、
辺りは暗闇だった。

そのうちに、その暗黒の闇に引き込まれ
自分がどこにいるのかも分からなくなった。

やがて私は自分にさよならをした。

新しい自分が見つかるまで、
そんな私にさよならした。

閉じられた心は誰にも見られなくてすむ。
自分ですら、見ないようにする。

ただずっと待った。
新しい自分を待った。
いつみつかるとも分からないままずっと待つ覚悟を決めた。

だれにも頼らないで、
待つ。

静止しているわけではなくても、
ただ静かに自分が少しずつ出てくるのを待った。


青い海や
移ろいゆく季節の中の色とりどりの花たちは
いつもそんな私に優しく、
小さいながら少しずつ贈り物ををくれた。

いつのまにか、すっかり堕ちてしまった星のかけらだった。
少しずつ集めて
丁寧に集めて
張り合わせて、つなぎ合わせて
パーツをつくっていく。
果てしない作業のように思われても、
それは必要なことだったから
私はそれを受け入れた。できるかぎり全部。
集めて少しずつ空に放した。

戸惑いながらも、少しずつ登っていく星たちは
私の一部そのものだ。

焦らず、少しずつ、少しずつパーツを集めて。

そしていつかは月を見つけられるように。
小さな星たちを照らして
守ってくれる月が見つけられるように。

どこまでも続く紺碧の闇に
静かに厳かに照らす月を待つ。

どれだけかかっても、もう迷わないように。
胸が張り裂けそうな、決断。

静かに自分に誓った、約束。

月を待つ。






posted by sleepyhead at 09:04| Comment(10) | TrackBack(0) | poem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

sea

sPenang (9).jpg

すべての生命は海からやってきた。

海を目の前にするとその美しさに圧倒され
その強大な恐ろしさに息を飲む。

そして次の瞬間、
自らの心が洗われているのに気が付く。

すっかりと素直な
はだかの自分。

どこから来たのか、
考えなくても
体はちゃんと感覚を覚えているんだね。
posted by sleepyhead at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | poem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

春待ちの

s0329 007.jpg

春を待ってるのに
こんなに待ってるのに
なかなか足踏みしてやってきてくれない。

だからこっちから探しにいった。
結構近くに春はいた。

ほら耳を澄ませば、
聞こえてくる、
春の呼吸

あと少しだね。
もうすぐなんだね。
やっとやってくる春を
私はどんな顔で迎えよう。

眠たい目をこすりながら
おはよう!って言えるかな。
待ってたよって言えるかな。

大好きだよって言えるかな。
posted by sleepyhead at 16:39| Comment(2) | TrackBack(0) | poem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

black smoke

s0315 010.jpg

Who are you behind the black smoke?

I really cannot see.

Vague and dark,
Black and solid,

I fall asleep and fly to nowhere
where, at least you cannot imagine what is like





But suddenly, there was sunshine
Sunshine gradually and slowly warms me up
and filled my heart.

I am still not sure who you are,
But I found a place that is so silent and peaceful

Then, I again I just went back to deeper sleep
to grab the happines in the dark
the joy in the morning
posted by sleepyhead at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | poem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

Drops of Blood

s0315 001.jpg

Drops, drops, drops of blood

Drops of blood fill my heart
My body is filled with drops of blood
When I cough, drops of blood just come down from my lips
Little by little,
Slowly and softly,
Something that is so painful
Something that is so warm
Sign of life
Stagma of living

Then, drops of blood fill a white canvas
The while canvas just turns into bloody red
Sign of pain
Scar of my heart
Remain on the canvas forever

Then,
The drops of blood heal my sorrow

posted by sleepyhead at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | poem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

a rose in a glass case

s0315 018.jpg

What I really want to say is never delived
What I really want you to hear never rings
What I really want to tell you is never understood

Nothing can be done
Nothing I would do for this
I've just started to leave here
I've just started to go on
And you have no idea where I go
You have no idea what I think

Without communication, we can never tell what we want to say to each other, however---

I still want you to understand somehow from feeling my heart
I still want you to read my heart

Is it too much to ask?
Is it too much to ask to touch me?
Is it too much to ask to feel me?
Is it too much to ask to hug me without a word?
Is it too much to ask to just listen to my heartbeat?
To be next to me while I am cry?
To just smile when I am sad?
To be happy being around me?
Then to make me happy while I am around you?

Am I too needy?
In this crazy world?
posted by sleepyhead at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | poem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

honesty

素直じゃない自分に気が付くのはたやすいけれど

そこから素直な自分に向き合って

素直に進んで行こうとするのはそんなに楽じゃない。

相手を傷つけると恐れる、その傲慢な心よ。

一番怖いのは自分じゃないのか。

一番、素直になって一番がっかりするのは自分じゃないのか。

そのことが分かっているからなかなか素直になれないでいる。

でも、それは自分でも忍耐の必要なことだし、

最終的には最悪の形で周りの人を傷つける。



春の空に飛べ、

春の空に叫べ、

弱虫で、素直になれない自分を

「大好きだ」と叫べ。

傷つくのを恐れるな。

傷つけることを恐れ、

自分の痛みを人に押し付けようとはするな。

受け容れる力。



必要なのはそれだけ。

欲しいのはそれだけ。

posted by sleepyhead at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | poem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。