2006年05月05日

マレーシアのデザート第4弾〜ロジャー〜

ss2006_0419石倉幼稚園等0029.JPG

明日からいよいよ引越しのため、インターネットがしばらく繋がりません。

というわけで、今日はマレーシアにて、いちばんびっくりした&はまったデザートを紹介。

ロジャー(rojak)というデザートは、カットしたフルーツ(林檎や、パイナップル、マンゴ、青いパパイア、瓜系のフルーツなどなどのトロピカルなもの)に、醤油とお砂糖、さらに唐辛子がベースのこってりした甘辛の琥珀色のソースを掛けたもの。

マレーシアでは、メジャーなデザートのひとつであり、よく見かけた。

これ、実は食べる前まで、ちょっとおっかなびっくりだったのだが――いわばその感覚は、豆が甘く煮てあるあずきに欧米の人が首をかしげる感覚ににているのではないか――、食べてみると、ほんとにピリッと辛くて、甘いのだ!

うわあっと思わず声が出る。
味はこってりしているが、フルーツが甘みの少ないものが多く、その食感が重宝されているものが中心なので、そんなにしつこくない。
それになんといっても、唐辛子。
かすかに、なんていうかわいいものではなく、ほんとぴりぴり辛いの。
舌にがつんがつんと衝撃が来る。

初めは興味本位で食べていたのに、これがなぜか癖になり、最後にはばくばく食べていた。フルーツだから体にいいのかしらんなんて思いながら。
見た目はちょっとグロッキーですが、マレーシア料理としてははずせない一品でしょう。

ちなみにこれは、ホテルのイースターブッフェで出たものです。

イースターエッグとロジャーが違和感なく、並んでいる国、それがマレーシアの面白さを体現していると思った。
posted by sleepyhead at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

マレーシアのデザート第三弾〜タピオカ〜

stapioca.jpg

タピオカココナッツミルクはマレーシアだけではないと思いますが、ここでの特色はやはり、ブラウンシュガーを入れてあるところでしょうか。(ちょっと色が黒っぽいでしょ?)

マレーシアの中国系は約3割といわれていて、なるほど、それだけ、食文化への中華料理の影響も強いです。このデザートはそのひとつといえると思います。

以前ご紹介した、カメのゼリーもそうですよね。とにかくマレーシアではマレー系だけでなく、他にはインド系の影響などもつよく見られます。それがうまく調和している感じで日本にはない雰囲気を感じます。
個人的に言えば、アメリカの混じり方とも少し違っている気がします。アメリカの場合はやっぱり圧倒的にウエスタンという感じがしますが(とくにお菓子などはそうだと思います)、マレーシアでは、どれが強いというよりも、もっと複雑にいろいろとからまりあっている感じです。もっとも地方によっても違うようですが、クアラルンプールなどの大都市などではやっぱりかなり多彩な文化を楽しめます。
それに、どれも美味しいので素敵です。
やっぱりアジア系である日本人の舌には自然と合うのかしら。
はじめてアジアにいって、影響を受けたところは大きいです。どこかしら似ていて、でもちょっと違っていて、そんなくすぐったいような距離がなんともいえません。

今度はもっと足を伸ばして、タイやベトナムやインドネシアにも言ってみたいです。
posted by sleepyhead at 17:44| Comment(1) | TrackBack(0) | travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

マレーシアのデザート第二弾〜カメのスープ〜

sturtle jelly.jpg

ええ?!カメ!と思われた方も多いでしょう。

私もひえ〜という感じでした。
これは、中華料理店でいただいたのですが、
実は友達に内緒で頼まれてしまったのです。
私がちょうど、「今までカメをペットとして飼っていたので、どうしてもすっぽんは食べられない」なんていう話をしていたところ、
出てきたこの黒いゼリー。

見た目もええ?という感じだったのですが、
一口食べてみるとちょっぴり苦い漢方の味。
はちみつをたっぷりとかけて食べると意外といけるんです。

薬膳のゼリーなのねー、と思っていたら、
なんとなんと「それカメだよ!」というではありませんか!!

はめられたー!!!
ショックを受けていたら、
本当はカメじゃないそうです。
(よかった)
香港などでは本当にカメのゼラチン質を使用しているそうですが、
マレーシアでは、カメのものは高価なので、それに似せて他のゼラチン質を使っているそうです(なんだろ?)。
いわゆるモック・タートル・ゼリーですね。

それにしてもびっくりした〜。
いい笑い話です。
posted by sleepyhead at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

マレーシアのデザート cendol

scendol.jpg

マレーシアレポート第一弾。

何にしようか迷ったのですが、思い切って一番気に入ったデザートをご紹介します。
これは、マレーシアのカキ氷cendol(チェンダー)といいます。

削った氷にココナツミルク、中には甘く炊いてはいない小豆と緑色の小枝のような、白玉のような、餅米で作られたお団子が入っていて、その上に黒糖がかかっています。
これはマラカ地方という、その昔ポルトガルによってキリスト教が伝えられた伝統的な土地でのものです。
クアラルンプールなどでも食べられますが、多少地域によって甘さや入っているものが違うそうです。

さてさて、そのお味ですが、ココナツミルクが好きな人は絶対絶対はまるはず!
私はその一味なので、みごとにはまってしまいました。
マラカのものは甘さ控えめで、そこも気に入った要素の一つです。
暑い中散歩をした後でお店に入って食べるチェンダーはまさに絶品。体が求めているのが分かります。

日本で言えば、白玉宇治金時ってところでしょうか。自分でも作れそうなので、そのうちトライしたいです。

いやあ、ほんと美味しかったんだから〜。
posted by sleepyhead at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。