2006年03月15日

春を探しに

春を探しにあちらこちら。

庭にも春がありました。

0315 006.jpg

ご近所にも春がありました。

s0315 015.jpg

春、春、あふれる春。
ひたひたとやってきていた春。
待ち焦がれた春。
ちょっぴり切ない春。
さまざまな色を帯びた春が始まる予感です。

s0315 011.jpg



posted by sleepyhead at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お弁当日記3・15

0315.jpg

アジのフライ
海老グラタン
キャベツの千切り
ブロッコリー
プチトマト
お味噌汁
ごはん

posted by sleepyhead at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | lunch box | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

枯渇

のどが渇いてしかたない。
飲んでも飲んでもいくらでもいけそうだ。
水もコーヒーもお茶もカモミールティーもぜんぜんのどを潤してはくれない。
だからかな、なんだか頭も痛い。
目も乾いてしゅぱしゅぱする。
(いや、ちがう、頭痛は悩みのせいだし、目は花粉のせいだ)


まるで時間を飲み込んでいるみたい。
時間が流れて、止まってくれないので、
水を飲むしかないのだ。
底なし沼のように、
あるいは笊のように、
水分が体を通過している。



仕方ないので、星の王子さまと一緒に砂漠の果てに井戸でも探しに行こうか。
posted by sleepyhead at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お弁当日記3・14

0314.jpg

親子丼!
posted by sleepyhead at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | lunch box | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

お弁当日記3・13

0313.jpg

ほうれん草炒め
目玉焼き甘酢ソース
ウィンナー
プチトマト
お味噌汁
ごはん
posted by sleepyhead at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | lunch box | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

雨なので

仕事でした。おうちで。
ママも持ち込みで、仕事でした。
杏ちゃんはいい子にしてました。
空気の読める犬。なんてお利口なんでしょう。
あんまりお利口なので、ささみチップスがプレゼントされました。

s0131 001.jpg

雨は頭をちょっとちくっと痛めるので苦手です。
そしていろんなことも一緒にちくっと来るのです。
春は来るのです。
やっと来るのです。
でも明日はもう一頑張り。
寒いみたいです。
みなさん、暖かくしてね。
私は、篭もるでしょう。あはは。
posted by sleepyhead at 19:46| Comment(2) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

keep trying

While I was taking a walk, I just thought to visit that place. The place where I used to live. The place where I used to play with my friends so innocently. What happy and shining days they were. I just couldn't imagine what was gonna happen next. I just didn't care about anything as I was just satisfied with what I had. So happy and so innocent. So fragile but eternal. I just didn't want any more than that.

Those days, I know now, will never come back again. I found that a lot of things are still there what just they used to be like, old houses, my elementary school, same name plates that I found and read in the old times. But I also found that a lot of things changed or disappeared forever. New modern new houses were built after the old houses that I know. They put new name places and drive new cars. They raise new plants and flowers. The kiwi tree that I used to love was gone.

I even went and stood in front of the room that I used to live, play and sleep. The window said, "no, this is not the place you should come back. Your space doesn't exist here any longer. And it won't forever. You cannot come back. It is the best for you." I tried to step down the stairs like I used to. I looked at the parking lots that I used to play. It doesn't look changed, but it is filled with strange cars to me. I saw the place that I used to hide after school. I was really excited to be found by mom. I waited forever for her there. But I never felt alone because I know where she was. I enjoyed being by myself because I was not alone.

No matther how hard I tried, however, I just couldn't find the things that used to exist there. I even couldn't remember what there used to be there. I felt so nostalgic and sad but at the same time, something warm filled my heart. My heart was singing the songs that I used to love. I know time never goes backwards. Yet, still I can keep and pile my special memories. Those days were so precious that they wouldn't go away. Those days were so special that nobody could steal from me.

No matter how hard I keep trying, those days wouldn't come back to me. Then, what can I do? How should I live from now on? Where should I go? Is there any place that I can feel at ease and sleep peacefully? Is there anybody I can rely on? Is there anybody I can talk to? Is there anybody who would cry for me? Is there anybody who would smile for me?

Yes, yes, yes!!!

Yes, there are. I am not all alone. Even though I lost a lot of things, I got something really important instead. Even though I cannot go back to that place, I got another new place to go back. I have a couple of precious friends who can talk to, rely on, cry and smile together. Yes, it is not that bad. Yes, it is quite good, actually. Then, why am I crying now? Then, why am I so sad?

Well, well, I am just very nostalgic. I am crying for what I used to have. I am crying for what I used to love. I am crying for what I used to be. I am thinking about everything that disappeared.

But at the same time, I am crying for what I have now. That is joy, happiness and heart-warming things. Yes, I must be crying for happiness. Yes, I must be crying for hope. Yes, I must be crying for tomorrow. Yes, I must be crying for future. Be grateful, confident, and appreciative what I have. Since I have a lot of things to pray for, I should be calm and kind. By tomorrow, the sun would rises and I would be in sunshine. Even if it rains, I have sunshine in my heart.

Be happy.

I wish all of my friends have a great day tomorrow. I pray for them silently.
posted by sleepyhead at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豆を炊く

zenzai.jpg

たぶん、生まれて初めて。
ママが居ないときに、あずきを炊いた。
あんこ大好きなのに、やったことなかったのは自分でも意外。

そこで、袋のディレクションに沿って、忠実に。
そこに書いてあったあずきの「アク」というのが、もうほんと悪魔のように怖いものかと思い、強火でがーっとあく抜きをした。

したら、あくは抜けたが、豆が、豆のつぶつぶが可哀そうなことになった。
つぶれちゃったのね、火力に負けて。

でも、なんだかすごくよかった。豆を炊くのってなんかすごくよかった。
豆の独特のにおいが部屋中に広がっていき、
その匂いからですら、豆が柔らかくなっていくのがなんとなくわかる。
お豆よお豆、柔らかくなるんだよ〜って呪文を唱えると、
こぼこぼと音を静かに立てて、あいよ〜って具合に。
そういうのが、すごくよかった。

もう春はすぐそこなのに、
今日は特に素晴しいお天気だったのに、
ぜんざい。
冬のどんよりした灰色の空の下、コタツの中だったらもっと美味しかったかな
なんて思いつつ。
ぜんざいはうまかった。
塩加減が大切なんだー。
ぜんざいは砂糖の味だけなんかじゃない。
塩を入れると一気に味が上品にぴりっとしまる。
背筋がぴんと伸びるみたいに。
あずきも心なしか、つるんと見える。
posted by sleepyhead at 18:18| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | sweets | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お弁当日記3・11

0311.jpg

照り焼きチキン丼
きゃらぶきを添えて
posted by sleepyhead at 15:30| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | lunch box | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

お弁当日記3・10

0310.jpg

いんげんの和え物
海苔巻き玉子焼き
鶏のから揚げ
プチトマト
お味噌汁
ごはん
posted by sleepyhead at 14:35| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | lunch box | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。